医療脱毛の概要とメリットデメリット

医療脱毛がサロンでの脱毛と違う所は、ムダ毛がまた生えてくる可能性があるかどうかと言うです。
医師免許を持つ人の医療行為以外で、体の一部を元に戻らないくらい傷つけることは法律で禁止されています。
永久脱毛は毛乳頭という、体の毛を生やす部分を元に戻らないくらい傷つけることで、二度とその毛穴からムダ毛を生えなくさせると言うものなので医療行為にあたる脱毛になります。
脱毛を受けた回数などにも左右されますが、しっかりと徹底的に医療脱毛を受けきれば、二度とその部分のムダ毛は生えてこないはずです。

再生しないくらい毛乳頭にダメージを与える医療脱毛ですが、それくらい毛乳頭にダメージを与えるということは、それだけ脱毛器の威力も高いということです。
威力が高いので毛が生えてこなくなるまでの期間が、サロンで脱毛する場合の半分程度とかなり短くなるのがメリットですが、当然デメリットも幾つかあります。

威力が高すぎて痛みも強くなり、特に肌の薄い箇所の脱毛だと耐えるのも大変なくらい痛みがあり、医療脱毛を断念する人もいます。
また、肌へも少なからずダメージが行ってしまいますし、ムダ毛は薄くなったけど肌が荒れて、見た目が逆に悪くなる、みたいなトラブルが起こる可能性もあります。

痛みはどうしようもない部分はありますが、肌へのトラブルは、脱毛器を使う側の腕によってもある程度防ぐことが出来ます。
医療脱毛はサロンの脱毛と比べて価格が高いですが、だからこそ安さだけにとらわれず、安心して任せられる腕を持っているか、候補になったクリニックの評判も調べてから受けるようにしましょう。
医療脱毛の概要とメリットデメリット

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です